森林認証紙

FSC®リサイクル認証紙の概念

FSC森林認証は、適正に管理された森林から産出した木材等に認証マークを付けることによって、森林の利用と保護を図ろうとすることが目的です。
また、古紙を再利用して紙を製造することにおいても、新しく木を伐採することがないためリサイクルペーパーも間接的に森林保護に繋がると考えられ、適正な管理の下、FSCリサイクルラベルを付けることが可能です。ただしこの場合、一度使用された後に回収された、いわゆる市中回収古紙の使用が必要となります。

fsc06.gif

FSC®リサイクルラベル

FSCリサイクルラベルは100%古紙を使用した製品にのみ付ける事ができます。少しでもバージンパルプを使用している製品には付ける事ができません。

FSC®リサイクルの材料としての使用済・使用前再生材

「使用済再生材」とは本来の用途・目的を果たし市中回収などによりリサイクルされるものをいいます。
【例】 古段ボール、古雑誌、古新聞、機密書類などのオフィス古紙

「使用前再生材」とは本来の用途・目的を果たしていないがリサイクルされるものをいいます。
【例】 一般的な産業古紙(工場内から出る栽落など)


fsc01.gif fsc01.gif