はい、守衛室で~す

熱中症対策 (はい、守衛室です 第20回)

近年ニュースなどで良く見聞きするようになった熱中症。

熱中症は、夏の強い日差しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく体が暑さに慣れない梅雨時期に起こります。また屋外でなく高温・多湿の屋内で作業している時にも見られます。

正しい知識を知って自分で出来る熱中症対策を心掛け、もし熱中症になったときの応急処置としては
「F・i・R・E」と覚えておきましょう。

実際にはこれを逆順で行います。

E:   Emergency ・・・・・・・・・・・・・緊急事態の対応
R:   Rest      ・・・・・・・・・・・・・安静
I:    Ice       ・・・・・・・・・・・・・冷却
F:   Fluid     ・・・・・・・・・・・・・水分と塩分の補給

熱中症は応急処置の速さも大切ですが、やはり予防が重要です、しっかり準備して熱中症を予防しましょう。

   気温・湿度のチェック。
   こまめな水分補給。
   暑い中での無理な運動をさける。
   吸水性・速乾性・に優れている通気性の良い服装を身につける。


山本