お知らせ

2013/07/19
繊維リサイクル技術研究会 『設立12周年記念講演会』に参加しました。


まず委員長の木村教授から、第1回は忘れもしないあの同時多発テロの日で、
そこから12年が経ち、大きな成果は出ておりませんが、
これからも皆で様々なリサイクルを考えて行きましょうと挨拶がありました。


senirecycle01.JPG

講演1は、京都市 循環企画課 課長の牧村様から、京都市のゴミ減量について説明がありました。

KYOTOエコマネーという取り組みをされている様です。

協力店舗にマイボトルや使わなくなった衣料品を1kg持ち込み、ポイントが貯まると500円相当の商品券や京野菜と交換できる制度です。

皆が簡単に参加できる面白い制度だと思いますが、ゴミを減らす事ばかりでなく、そのポイントではリサイクル製品しか買えない等のリサイクル製品を使う仕組みも同時に考えて頂ければと思います。


senirecycle02.JPG

講演2は、公益社団法人 環境生活文化機構の代表理事であり、
株式会社チクマの社長の竹馬様より使用済みの会社のユニホームのリサイクルの仕組みについて説明がありました。
広域認定制度を利用し、車の内装材や古紙と混ぜルーフィング材料にもしているとの事で非常に身近に感じました。

衣類の繊維とのコラボレーションで新たな製品作りを日々考えております。 


伊藤