お知らせ

2015/03/11
HLC(東大阪リエゾンクラブ)に参加しました。

3月10日(火)18:00より、クリエイション・コア東大阪に於いてHLC3月定例会が開催されました。

今回は同志社大学社会学部の寺井准教授様による「雇用ルールに基づく労働法の解釈」という題のご講演でした。


2015031103.jpg


時間外労働やサービス残業など労働時間についての問題点についてご説明いただき、今後はいかに労働法を活用し、コンプライアンスを守るかが重要であるということを学びました。

また日本と欧州諸国の雇用ルールの違いについてのお話はとても興味深く、キッチリとした役割分担の中で決まった仕事をし評価が一律な欧州に比べ、日本は決まった仕事をしながらも工夫や提案をし、そしてこれらが労働者の評価につながっているとのことです。

しかしながらこういう背景も時間外労働への影響があると感じました。

今回学んだことを活かし、今後の職場の環境づくりに役立てていきたいと思います。

佐藤