お知らせ

2013/01/31
竜華水みらいセンター、下水処理施設見学。


工場から排出される水がどのように処理されているんだろう? ということが知りたくて、
竜華水みらいセンター様の下水処理設備を見学に行ってきました。

 (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ- めちゃ広い。(↑上の写真)


三人で写真撮りまくり。
しかし、大きさが伝わる写真が撮れません(3人ともカメラマンにはなれないな)。


mizu002.jpg

処理場はほとんどがコンクリートの床の下に隠れていて、この足元に水槽が横たわっています。
処理能力は6万9千トン/日で、現在は約5万トン/日の下水を処理しているそうです。





工場は、コントロール室で集中制御され、夜間は川俣水みらいセンターで遠隔監視をしています。

mizu003.jpg

処理設備は、従来の好気槽だけの処理に、嫌気槽と無酸素槽を追加することで、リンや窒素も取れる高度処理設備なっています。

mizu004.jpg


処理された水は、活性汚泥を沈殿除去したあと、細かい異物を生物膜ろ過に通し綺麗にし、主に平野川に、河川浄化のために近隣の川の上流に放流しているそうです(平野川に放流を始めてから水質が良くなったと言われています)。

施設等で再利用するする水は、別系統でジア塩素酸とオゾンによる滅菌処理を行い、せせらぎ(人工の小川)や散水用水、地上の施設の水洗用水として利用しています。
 
処理が終わった水を見せてもらいましたがとても綺麗でした。
       あっ写真を撮り忘れた(><)。


私たちも下水処理がしやすいように、弊社工場の水処理をきちんと管理していこうと思います。 
 
最後に、見学説明をして頂いた運転管理の担当の方、付き添いをして頂いた方には、この場を借りお礼を申し上げます。ありがとうございます。

和田