お知らせ

2013/04/06
4月4日に京都の工房京竹炭さんに伺わせて頂きました。

 
久しぶりの工房京竹炭さんの訪問だったのですが、京都は桜が満開でお花見にはもってこいの時で、あちらこちらでお花見をしている人たちを見かけました。
井出町では「井出町さくらまつり」が行われているみたいで屋台なんかも出ていて多くの人で賑わっていました。
 
2013040402.jpg
 
少し山道を登っていくと麓では満開だった桜が、まだまだ3分咲きぐらいで同じ地域でも標高によってはこんなにも開花に差があるんだなと実感しました。
 
2013040403.jpg
 
 
工房京竹炭さんでは初代でやられていた永田さんが少し前に現役を引退され現在は2代目として加藤さんがバリバリやられているということで改めてご挨拶に伺わせて頂きました。

私たちが伺った時は窯はちょうどねかしという窯を冷ましているところで中は見ることができませんでしたが、加藤さんいわく竹炭つくりで一番見ごたえのあるのは「ねらし」という窯の入口を開け中に空気を入れ一気に中の温度を上げる時だそうで、後で見せていただいた写真では、すごい迫力と美しい感じが伝わってきました。

今度はぜひ実際に見てみたいと思います。
 
2013040404.jpg


2013040405.jpg


2013040406.jpg
 
5月19日には「たくみの里春まつり」が開かれ、今回は過去最多の出店というので賑わうこと間違いなしだと思います。ぜひ皆さんも行ってみてください。
 
2013040407.jpg


岡田