お知らせ

2013/07/26
京都工芸繊維大学の技術交流会に参加してきました



 

「環境とものづくり」をテーマに3名の先生方の講演がありました。

 

①    「未利用資源を用いたものづくり」先端ファイブロ科学 木村教授

②    「新しい技術・材料としての微粒子プラズマ」電子システム工学 高橋准教授

③    「バイオマス原料プラスチックの開発を実用化」バイオベースマテリアル学 小原教授

 

先生方が揃って言われた事がものづくりの技術はあるが、実用化が進んでいないという

事でした。なかなか物ができてもコストが合わない事が多く課題も多いので、ぜひとも

企業と力を合わせて実現させていきたいと言われていました。

 

うまく効率化を図り実用化に向けて取り組んでいくために努力していきたいと感じました。

 

お忙しい中ご講演頂き有難うございました。

 

寺村