お知らせ

2016/06/18
救急救命処置法の講習




柏羽藤(柏原・羽曳野・藤井寺)消防組合の方々をお招きして、AEDを使って心肺蘇生法を学びました。

スポーツジムや家庭での実例ビデオを見た後、専用のマネキンを使って一人ひとり「大丈夫ですか?」の声掛けから始まって、心臓が停止して呼吸していない人への心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)を体験しました。

数年前に一度講習を受けたことはあるのですが、手順を忘れてしまっているのと、地震災害などいざという時、救助の手助けにもつながればという思いから参加しました。

実際AEDは心臓に刺激を与える補助具に過ぎなくて、大事なことは救急車が来るまで心肺蘇生を続けきるということを再確認でき、たいへん有意義な講習でした。

消防署のみなさん、本日はありがとうございました。


向井