お知らせ

2012/02/13
木質分子素材制御学研究室の見学会に参加致しました。

2月10日
本日は三重県名張市のバイオマスマテリアル事業化研究会で
三重大学生物資源学部 木質分子素材制御学研究室の見学会に参加致しました。
木質分子素材制御学とは非常に難しい言葉ですが、意味は以下の通りとの事です。
 

;対象は木材や植物としての木

;木材のみならず草木や加工品も含めて植物組成を有するもの全てが対象

;分子・化学の力で考える

;まだ材料ではないが、そこにつながる様分子としての可能性を考える

制御;科学として原理を学び、人間が扱える範囲を知り応用する

;学問としてアカデミックに考えます。人類の知の蓄積に貢献します
 
との事です。意味を聞いても難しい学問の様な・・・。
 
主に天然リグニンの研究をされているのですが、研究室には写真の様な小型ビーターや
カナディアンフリーネス計測器などもありびっくり!

005.JPG

004.JPG


2月8日に見学させて頂いた徳島那賀町のプラントの原型である、リグノフェノール製造機
第1号も見学させて頂きました。現在もさまざまな材料からリグノフェノールを取り出し、
研究されている唯一の現役製造機です。

0071.JPG

バイオマスマテリアル事業化研究会の方々と青柳准教授様の熱心な説明を聞かせて頂きました。
青柳准教授様・研究会の皆様誠に有難うございます。

伊藤