お知らせ

2012/03/30
東多摩再資源化事業協同組合の方々が工場見学に来られました。

東京の東多摩から遠路はるばる大和板紙までお越しいただきました。なんと、朝4時に起きたそうです。
工場見学に来ていただいたこと、頭が下がる思いです。

東多摩再資源化事業協同組合は、古紙を始め、古布、 鉄くず、非鉄金属、ビン、カンなど要らなくなったものを都市資源と考え、積極的にリサイクルに取り組んでおられます。
特に、パルパーでの溶解後のフィルムなどの取り出しでは、興味深くご覧いただきました。

aP1020188.jpg

抄造できたばかりの板紙の断面の説明に熱心に聴いていただいています。

aP1020194.jpg


aP1020199.jpg