お知らせ

2010/10/23
TBSのテレビ番組「夢の扉」の収録が大和板紙でありました。

番組の主人公、三重大学生物資源学部  舩岡教授が、リグニンに注目して木材の再利用に取り組むのと同様、一方で木材が形を変えて紙となり、その古紙からパルプをとりだし再生紙を作っている大和板紙を訪問する設定。ともに木のライフサイクルにかかわっています。
えっ、リグニン?リグニンは木を形成するうえで重要な巨大生体高分子。詳しくは放送される番組をご覧ください。

夢の扉 11月7日(日)よる6時30分〜 

※お断り----画像は放映後にアップします。

P1000432.jpg