紙の循環型リサイクルシステム

難処理紙ゴミの再生化の問題点

再生紙になる紙は全体の60%といわれ、残りの40%は再生化されていないのが現状です。大和板紙ではその再生化されない紙(難処理紙ゴミ)も、積極的にリサイクルを行っています。

難処理紙ゴミは、実はごく身近にあるものです。牛乳パックや洗剤の箱など、店頭で売られている商品のパッケージには、ほとんどが美観などの目的でフィルムが貼られています。
これらのパッケージを作る際、多くの損紙(製品として箱にはならない紙)が発生しますが、この損紙を再生紙に変えるにはフィルムを分離する必要があり、余分にコストがかかってしまいます。

古紙の再生では、高い紙はなかなか流通に乗らないのが現状です。そのため、これらの紙はリサイクル回収において「禁忌品(きんきひん)」と呼ばれ、未回収か、回収されてもほとんどの場合焼却処分されています。 

難処理紙ゴミは、ゴミになる前はとても優れた機能を持った紙なのです。(光沢があって美しい、水に強い、食品など中身の鮮度を保つ・・・)でも、一旦ゴミになると再生が困難です。
困難だから焼却する。コストは安い。ちょっと待った!本当にそれでいいのでしょうか?